ひとのきもち

ヘ長調は夜の蝶。 「そんなアスリートおへそで…放っておきませんよ、誰もが。」 と、言われましたよ。おヘソを激しく愛でられるのが好きなので、いやらしく目立つ大きなおへそに整形して、需要と供給が常に成立。良か音色で鳴るチェロです。

小学校の卒業文集に『ストリッパーになる』と書いたのを、『ダンサーになりたい』に書き換えられていた変わり者です。 クラシック、ジャズ、ロック(ヴィンテージもの)のレビューを書いたり、風俗情報サイトのコラムを書いています。
修学旅行の時に大浴場でお風呂に入っている時に、おヘソを無くしました。相手はその旅館にやってきた雷さま。高校生時代にモデル事務所に属してAV経験。売りにもしたおへそを整形。卒業式の夜に地元のソープ店に。日中は局勤めを経て、レコードショップの手伝いをしています。
やり放題で生きてきました。ご指名予約があれば、御相手致します。「スレンダー Gカップ」で検索してください。ただし、熊本地震で被災し、避難所生活中なので現状はレコードの通販以外はお休みしています。

巨大キノコ出現!

今日は暖かい朝です。台風が来ているからかしら。

 

 

 今日の熊本は、良いお天気になりそうです。昨日の今の時間には、とても肌寒かったのですけど、今日はそれほどでもありません。お昼には残暑を感じるだろうという、天気予報です。

 まあ、昨日もお天気は良かったのかも知れませんね。早朝の写真は撮ったもののブログに書く前に眠ってしまって、起きたのはお昼過ぎ。朝炊いたご飯を冷蔵庫にしまうのを忘れていたぐらい、とても眠かった。

 ご飯のことを思い出して跳ね起きたので、ぼーっとしたまま、テレビを眺めているばかりでブログにアップしていなかったことも忘れていました。

 素敵な「三日月と明星のランデブー」が撮れたので、写真を整理して改めて記事に書くつもりです。


 上の写真は、今朝の6時10分頃の東の空です。寝室からの撮影で、山の稜線のほの赤い部分と秋の雲のコントラストをしっかり撮りたかったのですけど、背伸びしてもこれが限界。自宅のあるのは住宅地域ですけど、農業地帯で地中に埋めたり出来ないからでしょう、電線が多いのは仕方のないところです。

 

 

 茨城県つくば市吉沼の行政書士川根義行さん(60)方の竹やぶ近くに高さ約90センチ、直径約1メートルの白いキノコの群生が出現した。それぞれのキノコの大きさも直径約18センチ・高さ約45センチと、けた外れ。

 8日、川根さんが畑から帰ると草むらから白いものが見えていた。驚いて草を取り除くと、そこには巨大キノコの群生が…。県植物園きのこ博士館の嘱託職員井口潔さん(47)によると、キシメジ科のニオウシメジ。日本のキノコでは大きい方で、群生が特徴。イネ科の植物が腐ったところで繁殖しやすいとか。

 川根さんは5、6年前にこの場所に竹の株を山積みにしていた。竹もイネ科なので、生えたとみられる。食用と分かり、川根さんは一部を近所の人におすそ分けし、おつゆや天ぷらにして食べた。味は上々だったそうだが、見学に訪れる人のため、しばらくは群生の上に日よけを作ってそのままにしておくという。(黒田碧) via asahi.com



 

 

 おっきい。

 5時半頃、NHKの「おはよう日本」で紹介されていました。報道だけでなく、近所の人の驚きの様子など映像で紹介されたのをみたら、美味しそうになりました。 

 加熱して食べればいいそうです。でも、味はどうなのかしらね。然し、最初に目にした時はたじろぎますよね。一本立派なキノコを目にしても嬉しくなってしまうのに、こんなにいっぱいどうしましょう。 

 キノコを口に出来れば幸せなわたし。1日もキノコを口にしない日はないくらいです。こんなに一度に手にしたら、お腹いっぱいになるまで食べてしまいそうです。 

 昨日お肉とサンマを買ったので、今夜はハヤシライスにして、明日は焼きサンマを予定していたんですけど、キノコの炊き込みご飯が食べたくなりました。



幸せを与えてくれるのは、
富でも豪華さでもなく、
穏やかさと仕事である。


(by トーマス・ジェファーソン)


ママっていうのはいつもやさしくて、ぜったいに悪いひとにはならないんだって事、知らないんだ

ミムラねえさんは、ママっていうのはいつもやさしくて、ぜったいに悪いひとにはならないんだって事、知らないんだ - ホムサトフト
ムーミン谷の名言

 

 

 ホムサ・トフトは、「ムーミン谷の11月」の主人公です。準主役ではなく、ホムサ・トフトを中心にお話が展開されます。一般的にはイメージしにくいキャラクターかも知れませんね。でも、とても愛されている存在です。

 どうも、にほんの一般的感心はアニメで描かれたビジュアルに頼りすぎです。お話を読んだ一人一人が自分のムーミン谷のキャラクターを自分の頭の中で動かす。誰かと共有するというのは、同じ物を持つことではないと思いますよ。

 あなたにとっての、ママってどういうイメージでしょうね。どれほど長い時間を親子として過ごしていても、あなたが母親にも見せない表情があるようにママも、少女時代の内緒を胸にうちに隠しています。


雨の襲撃は去り、見上げた空は紫の色



金峰山に低く垂れ込めた厚い雲。
 
朝のブログを更新してから、午後から出かけるかどうしようかとお天気とのにらめっこ。暫く身体を横にしていたら、ぐっすり寝入ってしまっていました。目が覚めたのは午後3時。激しく雨が降り去っていったようです。
 
窓がびっしりと雨で濡れていました。
 
 
ひとたび家を出たら何処で突然の襲撃を受けるかわからない。その時の為に濡れるのを防ぐ支度はしていても、傘もコートも身近にないところで襲撃を受けたら、じたばたしないで襲撃が立ち去ってくれるのを待つ。余計にあがいて、後々に残るものがあるよりはどんなに良い事でしょう。
 
言葉で教わるものはたくさんあります。でもそこからどれだけの事が身に根付きましょうか。身を以て体験したことほど学びとなるのではないでしょうか。
 
夕方の不思議な紫色に染まった空は、ふらつく足腰で人目が気になりながら隠れたい気持ちで家路についた時の、高校の校庭から見上げた泣きはらした目に写った夕空に似ています。



混濁した世界

今日は雨天

今日の熊本は雨天。
いつもならば朝日が高く上がっている時間だったのに、空に太陽の気配がない。
厚い雲に覆われて、白く混濁した世界。

風が時折あるし、湿り気味。
いつ雨が降り出してもおかしくない感じです。
まるで津波が迫っているような雲がぐるりと360度、囲んでいます。
熊本が阿蘇の外輪の中にあるところだと、実感出来ます。

まるで太刀打ち出来ない思いがします。
高校の時に、プールから上がって更衣室に入る時に白いワイシャツ姿の男性たちに取り囲まれたときのことを思い出すので、こういう天気の時には身体が硬くなってしまいます。
白く混濁したもので包み込まれそうで、不安感でいっぱいです。

全く太刀打ち出来なかった。
開かされた身体は、くねらせて嫌々すればするほどずんとずんと立て続けに、奥まで激しく雨が打ち付けて白く霧に煙っていく。
わたしの目から止めどなく、冷たい雨が流れた日の事は忘れられません。

今日、冷たい雨が降ると天気予報で言っていました。
憂鬱。

ありがとう、メーテル。ありがとう、わが心の銀河鉄道。

「銀河鉄道999」は、何曜日の何時から放送されていたのだろう。そのあたり凄く記憶が曖昧。「宇宙戦艦ヤマト」は日曜日の朝、「マクロス」は日曜日の午後。夕方に毎日あっていたような印象があるのは、再放送だったのかしら。全くの思い違いかも知れません。


「銀河鉄道999」の世界観が、家で遊んでいる子どもにとっての夕食時前のおとぎ話に浸る時間だったのだろう。母は良くテレビに救われたと言っていた。テレビは悪い、マンガはみてはダメだとはわたしに母は言う事はなかった。忙しい家事の合間、わたしが高学年になってからは、母は仕事を再開して毎晩の帰りは遅くなりがちでした。


気に入ったテレビ番組がある時間には、わたしは夢中になっていましたから母が買い物に行ってくると声をかけても大丈夫。「テレビが子守をしてくれて助かった」と良く口にしていました。夕暮れの雑用の多い時間帯にテレビでアニメの時間があった時期に子ども時代を過ごせた事は、良かった。わたしの母以外にも同じく助けられた母親も居るのではないかしら。


ありがとう、メーテル。ありがとう、わが心の銀河鉄道。

プロフィール

めぇてる

最新コメント
エディタ
QRコード
QRコード
別名めーてる。ほなたり♪毎日クラシック音楽を楽しみ、熊本城稲荷神社に時々出没する元巫女の妖狐。十代の時に熊本の有名なソープグループとの縁を結びました。

Twitterをフォローされる時にはコラム「愛され組曲」を読んでメッセージを下さいね。このブログへのコメントでも歓迎しています。

ID : amadeusrecord
  • ライブドアブログ