ひとのきもち

ヘ長調は夜の蝶。 「そんなアスリートおへそで…放っておきませんよ、誰もが。」 と、言われましたよ。おヘソを激しく愛でられるのが好きなので、いやらしく目立つ大きなおへそに整形して、需要と供給が常に成立。良か音色で鳴るチェロです。

2010年03月

小学校の卒業文集に『ストリッパーになる』と書いたのを、『ダンサーになりたい』に書き換えられていた変わり者です。 クラシック、ジャズ、ロック(ヴィンテージもの)のレビューを書いたり、風俗情報サイトのコラムを書いています。
修学旅行の時に大浴場でお風呂に入っている時に、おヘソを無くしました。相手はその旅館にやってきた雷さま。 高校生時代にモデル事務所に属してAV経験。卒業式の夜に地元のソープ店に。日中は局勤めを経て、レコードショップの手伝いをしています。
ご指名予約があれば、御相手致します。ただし、熊本地震で被災し、避難所生活中なので現状はレコードの通販以外はお休みしています。

さくらの季節。

本当の勇気とは、やり遂げようと努力した時に宿るもの。 

午後6時半。「ウルトラ・ギャラクシー、大怪獣バトルNEO」が最終回でした。金曜日の夕方なので再放送だろうけれども、エンディングで次々とこれまでのバトルシーンが登場すると色々と思い起こせるものもあって胸が熱くなる。特に学年末の最終回って、せつなさがあるね。 春休みってクラスメートに会う機会も少ないし、最終回面白かったって気持ちを共有できないのがせつなさかも知れません。新学年になってクラス替えがあるとなおのことだし、その頃は新番組の話題に変わっているから想い出の底にそっと置かれているものが幾らもあります。

 

レイブラッドとの戦いが決着ついて、ウルトラセヴンから預かったカプセル怪獣ミクラスが帰って行くシーンはあっさりしてた。きっともっと早い時期のエピソードなどだと、別れを惜しむ場面もありそうな気がする。でも、以前のように放送される季節に合わせて製作される番組は少なくなったからそういった季節にふさわしい情感は作り手には想定外かも知れません。

 

まあ、今日は本当に久し振りの友人から暖かい届け物があったからことさら感じやすくなっているのだと思います。 ウルトラセヴンは変身が出来ない時のためにいくつかの能力も持っている。ウルトラ念力というのもあったけど、カプセル怪獣のウィンダムとミクラスが知られていますね。ロボットのようなウィンダムによりもミクラスには人情深さを感じます。カチャカチャと役割をこなすように闘うウィンダムは、どういう相手にもどういう命令にも従うけど限界を超えるとあっさりと退散。 ミクラスは引っ込み思案になったり、尻込みしてウルトラセヴンに後押しされて闘うこともある。これといって超能力があるようではないんだけど、失礼だけど見た目以上に頑張り屋さん。 宇宙警備隊長という肩書きがウルトラセヴンにはついていたと思うけれども、ウルトラ兄弟が応援に来る時ってわたしが知っている限りではウルトラセヴンが一番最初にやってきているんじゃないかしら。

 

そのウルトラセヴンが間に合わない時に登場するカプセル怪獣のウィンダムとミクラスは、足止めをさせるだけの力しか与えられていないのかも知れません。でも好対照のウィンダムとミクラスって、勇気を出して努力した時に希望がもたらされるんだと言いたいのかも知れません。


おはようございます、朝から深々とした低音に魅了されています。

危ない危ない、素敵なライヴ配信を忘れて寝るところでした。明日になればVOD(Video On Demand)でいつでも鑑賞できるようになるのだけれども、変換の際にデータ量が圧縮されるためか上品な音になってしまうんですよね。
VODを観ているだけの分には良い音だなあって感心しているだけなんですけど、これまで何度か生配信を聴いてきて1番に感じられるのが空気間の違い。
たとえばサイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルハーモニーのライヴ配信の方が、程なく発売されるCDとの音質が違うことは何人かの友人も感じているところです。
最近ではネット販売されるCDも、20ビット以上のものが出てきました。データ量が大きいのでダウンロードにも時間がかかるんだけど、可逆性圧縮なのでCD以上の音質。iTunes 等で購入できる音源が易いのが納得できました。CDを処分してネットからダウンロードしているって人にもあったことあるけど、あくまで iTunes 等の音源は試聴だと思って間違いなし。アルバム単位での購入は、大切な時間の方をロストしていると思うようになりました。 
ボストンの三浦真弓さん
が、
うわー、なんだこのロシアンコーラスかっこえええ。
と、一聴して驚愕している今夜のライブは、セント・ペテルスブルク・カペラ合唱団。日本時間2010年3月25日木曜日、午前4時のスタートでした。
女声は澄み渡っているし、たいしてバスはソロだというのに凄い重みです。オーディオ・ファイルも悦んでくれることでしょう。
VODになってからも、オーディオ・チェックのリファレンスとして勧められるものをライヴで聴けて嬉しい早朝となりました。

飛来していた、黄砂を含んだ雨。雨がちょうど降り止んでいるからと火曜日の夕方傘を持たずに買い物に行ったのがいけなかったのか、水曜日の朝は頭痛を感じたままの起床でした。夕方だいぶ正常に近づきはじめたのですけれども、木曜日は冷え込みが厳しくなりそうです。


 http://www.medici.tv/
La Capella de Saint-Pétersbourg à l’Auditorium du LouvreMercredi 24 mars, à 20h00 – Concert en direct – gratuit
Dans le cadre du cycle « Une saison russe » à l’Auditorium du Louvre, voici un concert tout à fait atypique et passionnant, où nous vous invitons à découvrir les chants traditionnels de la liturgie russe. La Capella de Saint-Pétersbourg est l’un des plus illustres et anciens choeurs de Russie : fondée il y a 5 siècles par le tsar Ivan III, la formation a vu se succéder à sa tête d’éminents compositeurs dont Glinka, le « Père de la musique russe », Balakirev ou encore Rimsky-Korsakov. Vladislav Tchernouchenko dirigera l’ensemble dans un programme constitué d’oeuvres exclusivement vocales couvrant 4 siècles de musique religieuse, avec notamment la Liturgie de Saint-Jean Chrysostome, de Piotr Ilytch Tchaïkovski.
 The Saint Petersburg Capella Choir at the Auditorium du LouvreWednesday 24th March at 7 p.m.GMT – Live concert - free
As part of the "Russian Season" at the Auditorium du Louvre, this concert in which we invite you to discover traditional Russian religious songs is atypical and fascinating. The Saint Petersburg Cappella Choir is one of the most illustrious and one of the oldest Russian choirs: created 5 centuries ago by Tsar Ivan 3rd, the choir has been directed by eminent composers including Glinka, the "Father of Russian music", Balakirev and even Rimsky-Korsakov. Vladislav Tchernouchenko is the current conductor of the ensemble. The choir’s programme of exclusively vocal works covers 4 centuries of religious music and includes the Liturgy of St. John Chrysostom, by Piotr Ilytch Tchaikovsky.


パイレーツ・オブ・カリビアン


こんばんは、ほなたりーこばとです。
御仕事途中の息抜きに、1曲おかけ致します。
日曜洋画劇場では4週連続で「パイレーツ・オブ・カリビアン」を放送。シリーズが長く続くために大切なことには口づさみ易い、リズミカルな音楽だというのを裏付けしているような曲ですね。そうは、思いませんか?
それでは、また後ほど~♪




幻の「銀河哀歌」を君は知っているか!?


こんにちは、ほなたりーこばとです。
そろそろこばとはお昼寝タイム。4時過ぎにごそごそ起きだしてきますね。

それでは秘蔵の1曲をお楽しみ下さい、
「銀河哀歌」です。
さて、この曲が劇中で歌われているアニメーションの題名をお答え下さい。

こばとが起きたら、どのくらい答えが集まっているのか楽しみにしています。
それでは、また後ほど~♪

恋のゲーム


こばとの名曲発掘シリーズ・・・ではなくて、紛れのない名曲。だと、こばとは言いたい。当時の音楽ファンに中には、何かと周囲の目が気になって聴かないで居た人も多いんじゃないでしょうか。確かにレコードジャケットを手にして、手放してしまった人も多いでしょう。当時の日本盤は余り出来が良くなかったので、昨年リリースされたブルースペックCDを聴いてファンが増えそうです。
今の方が、素直に聞いて貰えるように思っているアーティスト、ベイ・シティー・ローラーズはこばとのお気に入りです。








iconicon iconicon

記事検索


presented by 地球の名言
熊本のレコードショップ情報
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
おすすめ
livedoor プロフィール
最新コメント
エディタ
QRコード
QRコード
別名めーてる。ほなたり♪毎日クラシック音楽を楽しみ、熊本城稲荷神社に時々出没する元巫女の妖狐。十代の時に熊本の有名なソープグループとの縁を結びました。

Twitterをフォローされる時にはコラム「愛され組曲」を読んでメッセージを下さいね。このブログへのコメントでも歓迎しています。

ID : amadeusrecord
  • ライブドアブログ