通信はライフライン

熊本地震発生直後、自宅一階で壁とベッドの間に挟まれて死を覚悟した男性は、二階で寝ていた孫娘がツイッターに助けを求めたことで、一時間半後に消防団に助けだされて無事だった。その少女の発信は550人の友だちが読んでいて、一気に拡散され、中には駆けつけたフォロワーも居て消防団へ倒壊した家の状況が寄せられたことが幸いした。

一方、倒壊した家から出ることが出来ないおばあちゃんが居た。自宅から出られないようで、携帯電話で家族に不安を伝えてきた。「こわいよ、こわいよ」と、それだけで要領を得ず、遠くに住んでいる孫娘はFacebookで助けを訴えた。しかし、いい加減なことは言うなよ、と彼女は窘められる。11時間後消防署が到着した時に、おばあちゃんの息はなかった。 

熊本地震について、無駄なコメントは欲しくない。

応援や、慰め。わたしはまだ夜は自宅で寝ることが出来ない状況のままだ。友人のところではトイレ修理が今日、ようやく行われています。生活の基本的なものから、まだまだ当たり前ではありません。
「すでに風化が進んでいます。」と熊本県知事が発言していますが、支援はまだまだ求められています。場所を指定することで熊本の何処で、何が必要とされているかは検索できるようになっています。

通信はライフラインであるのですが、熊本地震から一年を何か「祭り」と勘違いしていませんか。余計なコメントやメッセージで、ブラウザが反応しなくなりました。
 19
今日は何かとやり取りがあると思ってましたが、ブラウザが思うように使えなくて丸一時間を無為にしました。Facebookを復元しないことで、ブログからは投稿できるようになりました。
※わたし自身がわかればいいと思って書いています。補足を必要とするならコメントで対応します。また、論議討論はトラックバックを勧めます。

通販サイトで毎日入荷、販売しています。