熊本県民テレビ(KKT)=熊本市中央区=は10月14日、映像制作の関連会社・KKTイノベートに勤務するいずれも40歳代の男性社員2人が、新型コロナウイルスに感染したと公表した。
2人ともKKTの番組取材や制作に携わる技術スタッフ。13日に陽性と判明した社員は、9日まで取材や中継に関わっていた。14日に感染が確認された社員は、12日まで取材をしていた。
KKTイノベートでは、2人の濃厚接触者として別の技術スタッフ2人が自宅待機中。同社は「保健所の指示に従い、接触者の検査や社内の消毒などを進める」としている。
covid19-2020-10-11

2020/10/14のニュース

GoToEat予約始まる(14:24)

お得に食事を楽しめる「GoToEat」来週19日からの販売を前にプレミアム付き食事券の事前予約が始まりました。嘉島町のショッピングモールでは特設ブースが設けられ事前予約の仕方や飲食店向けの登録方法が説明されました。GoToEatでは県内の加盟店で使える1万円分の食事券を8000円で購入できます。特設サイトで事前予約しファミリーマートで代金を支払って受け取ります。三密を避けるため、予約はWEB限定で予約の2日後から受け取りが可能になります。開始直後の完売を避けて、豪雨で被災し暮らしや店舗を再建中の利用者や飲食店にも十分活用してもらおうと販売期間を3期に分けています。第1期の販売が19日からです。

県リスクレベル4に引き上げ(11:05)

繁華街などでの新型コロナの拡大を受け県は感染状況を示すリスクレベルを最も高い「4」に引き上げました。県内では先週6日から12日までの1週間に前の週のおよそ1.5倍にあたる75人の感染が確認されこのうち18人は感染経路が分かっていません。県は臨時会見を開き先週の熊本市に続きリスクレベルを4に引き上げたことを発表しました。蒲島知事は熊本市中心部の接待を伴う店などで感染が相次いでいるとして夜遅くまでの飲酒を避けるよう呼びかけました。

前震から4年半 892人仮暮らし(10:41)

熊本地震の前震から4年半。いまも892人が仮の住まいでの暮らしを続けています。仮設住宅やみなし仮設住宅などには先月末の時点で331世帯892人が暮らしていて前の月と比べ106人減っています。県によりますと仮設住宅などの入居者は来年3月末時点ではおよそ200世帯になる見通しですがこの内およそ130世帯が宅地復旧などの公共事業の影響で自宅の再建が難しい状況となる見込みです。国は来年4月以降に入居期限を迎える人たちの入居期限を最長1年延長する県の要望に同意しています。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。

※補足を必要とするところはコメントで対応します。

通販サイトで毎日入荷、販売しています。

✿わたしの出演作品もあります✿